量と質の意識

結局のところ、勉強において量と質のどちらが大事なのかを考えたいと思います。

結論から言うと、どちらも大事です。
ふざけてんのかってレベルの解答ですが、要は、どちらか一方に固執するという考え方が間違ってます。
どちらかといえば、「質の高い勉強」みたいな言葉を聞くことが多いと思いますが、質だけを意識しても失敗します。

では、この量と質への考え方ですが、自分は
量から質への転換が起こるまではとにかく量をこなせ
という意識を持っています。
なので、最初の内から質ばかりを意識するとたいして実力が付かないことが多いです。
まあ、「良質な勉強をして楽に成績を上げよう」とかいう考え方は通用しないということですね。

量から質への転換について簡単に説明します。勉強を始めて学力を高めていくには、まずは量をこなします。すると、あるとき「頭の中で全てがつながる」とか「気づいたらできるようになっている」みたいなことが起こります。魔法のような話ですが、本当に起こります。経験上は後者の方が多い気がします。気づいたら苦手意識が消えている、みたいなことですかね。
この状態になると、今度は質が重要になってきます。なぜかというと、この状態からは現状維持や実力アップに、そこまでの量が求められなくなるからです。本当に面白いように問題が解けるようになってます。なので、この状態からは質を高めていきます。


では、具体的な例を、自分の体験から説明します。科目は英語。
まず英語。苦手というかできなさすぎて全て諦めていた状態からのスタートでした。中2が終わるぐらいの段階で勉強を始めましたが、そこまでに習う文法はほぼわかっていませんでした。(is am are とかもわかってないレベル) 当時はもちろん、効果的な勉強法とか(実際そんなもんないけど)、量から質への転換とかは知らなかった。
勉強を始めると、とにかく量をこなした。やった内容は以下の通り。
・塾で貰った、文法を簡単に解説+問題が乗ってる教科書みたいなのを30周ぐらいやった。全150ページぐらいで、中1編と中2編の2冊。読むところはとにかく全部読んで、問題もノートに解きまくった。塾自体は中2の最初ぐらいでやめていたので独学。
・単語帳の暗記。全部で1500語ぐらいで、超初歩のもの。とにかく見て、書いて、発音して覚えた。何周したか分からない(50周はしたと思う)ぐらいやって、全部覚えた。
・通信教育の進研ゼミのテキストをやった。中1からサボってた分全部。文法問題は30回ぐらい解いて、リスニングはCDを100回ぐらい聞いて、音読してを繰り返した。
これ以外には学校の授業の中で出てきた単語を覚えて、教科書の文章は丸暗記するぐらい読みまくった。これぐらいやると、普通の公立中学の定期テストぐらいなら、特に対策しなくても満点が取れるレベルになった。
雑魚すぎる英語を少しでもできるようにしたくて必死に勉強したら、いつの間にかできるようなっていた。当時は「なんで今までこんなクソ簡単なことができなかったんだ?」って思った。量から質への転換1回目。
これで中学生レベルの英語は仕上がったので、次は高校受験レベル。
・熟語帳を覚えた。400語ぐらい。40~50回繰り返して覚えた。
・進学塾のオリジナルテキストを覚えた。50ページぐらい、構文ががっつり乗ってる。これは本当に頑張ってやった。100周以上やったし、多分熱が40度あっても全部思い出せるぐらいの状態に仕上げた。
・重要長文問題集、みたいなのをやった。入試問題の長文が30題乗ってる。難易度が高い問題集なので、問題自体は3割もできなかった。わからない単語は調べてリストアップし、全部の文を50回づつぐらい音読した。
これ以外にはさっき書いた文法の教科書の中3編をやった。量から質への転換が起きているので、まともにやったのは3週ぐらいだが、ほぼ完璧になった。後は新出単語を覚えた。
あくまで自分の場合ですが、これぐらいの量をこなすことで量から質への転換が起きた。その証拠に高校入学後は、そんなに英語に力を入れなくても、当たり前のように高偏差値が出続けてた。


「量から質への転換が起こった=実力が付いた」と言っていいと思います。ただ、そこで満足にせずに勉強を継続するのが大事。量から質への転換は、決して勉強を楽に進める手段ではないことに注意。
「受験期に対して勉強しなかったけど受かった」とか「たいして勉強してないけど成績いい」みたいな人の正体は多分これです。何かを成し遂げられる人は、全員どこかで圧倒的に努力をしているということを忘れないでください。

ブログの趣旨上勉強について書きましたが、それ以外にも多くの分野で「量から質への転換」は起こると思います。
このような現象があるということを念頭においた上で、計画を立て、自己の成長につなげてほしいと思います。

大学生の勉強法

大学は自由の場
校風によってピンキリとは思いますが、それでも高校に比べれば自由でしょう。


なので、意識することは、「自分で進める」。
大学での勉強には、これを強く推したいと思います。

大学では単位を取るために講義を受けるわけですが、その中で「知識」を学ぶということはほぼ無いようにするのがベストです。
(新出知識がゼロということはないので、適当にメモっといて、後で覚える。聞くことに集中)
大学の講義で学ぶべきは「考え方」。思考法や物事への着眼というものは、自分1人で身につけるのはかなり難しいです。それが専門的な学問となれば尚更。金と時間の対価として得られるものは、こういうものです。
浪費ではなく、投資に
また、テキストや専門書をただ黒板に書くだけというような講義も多々あるので、聞く価値がないと思ったら切るか内職するかなど、自分達で判断していくのがいいでしょう。

書物などで勉強できないような内容の講義は、とにかく内容をノートに書いて、オリジナルテキスト的な物を作るとよし。あとは、それを全て覚えて完成。

勉強法の柱になる部分はずっと変わらず、「基礎と反復」を意識すれば十分です。
では、要点や注意点などを具体的に。


使う書物の量は多くする
これは受験のための勉強とは大きく違う部分。
受験勉強でこれやると死ぬので、決めた一冊をボロボロになるぐらいまで反復しましょう。
では、なぜ大学では多く使うのか。大学の勉強にはカリキュラムがあるようでないから。
例えば、「有機化学Ⅰ」とかいう講義を受けるとする。おそらく、一冊でその内容をカバーできる書物は存在しないと言っていいでしょう。なぜなら、その講義内容がほぼ大学側の独断で決められているため。よって、「重要な部分をカバーできてない」とか、「どう考えても分野違うのにここでやるの?笑」なんてことが多々あります。

これを改善するために、多くの書物に目を通し、知識を広くカバーしておく必要があります。
多くの書物に目を通すことで抜けがなくなり、重要な部分はだいたいの書物に書かれているので、そのような部分は根強い知識になります。何冊もの書物を反復していくのは大変ですが、時間を上手く作って勉強していきましょう。
また、1冊1冊は完全にやり込まなくても問題なし(でも数回反復は必要)。他の書物が別の角度から解説していて、そこを読んだらすんなり理解できるなんてこともよくあります(経験談)。わからない部分や難しい部分に時間をかけすぎるのはもったいない。

俺は、書物の内容がある程度理解できたら、自分の言葉でノートにまとめて、それを見直すようにしてます。



・難しい専門書に手を出しすぎない
大学の勉強だからといって、無理に難しく分厚い書物を読み込む必要はないです。
大学の分野でも、カラーで図説などが多く、非常にわかりやすい書物は多くあります。
ページも150~200ページぐらいで、1日あれば余裕で終わるものもあります。そのようなものを優先しましょう。



・広い範囲を勉強する
当然、自分の専門分野を極めることは大事。しかし、それだけに固執しすぎないようにしましょう。
例えば理系で化学関連の勉強をしてるとする。化学と言っても、数学、物理、生物など、他の理系科目の知識も多く関わってくる。また、将来のために、語学、社会などもしっかりやっておくべきだと思います。
こんな感じで、大学生の内につけられるだけの知識を付けておきましょう。「思考力が大事だ」とかいう意見も多々あるけど、思考するにも一定量の知識に基づくことが大事だと思います。何もないところから思考・創造出来るのは一部の天才だけ。

(それ故に、「センター試験廃止とかバカなんじゃねーの?」と思うけど、話が変わりそうなのでこの話は終わり)



大学と言えば課題・レポートの類。これについては「できるだけ早く終わらせる」が鉄則でしょう。その方が余裕が出ますし、後に回すほどクオリティも下がっていく気がします。


俺はこんな感じで大学の勉強を進めてました。
大学での成績は上位一桁から漏れたことはなく、レポート提出や試験勉強で焦ったこともなかったです。
なので、それなりに機能してたのではないでしょうか。
大学生活は勉強だけではなく、普通にバイトはしてて、徹夜での麻雀は何度やったかわからんレベルwww
けじめをつけて時間を上手く使えば、これぐらいはできます。


あと、この記事で紹介しているのはあくまで「机上での勉強」に関するものだけ。偉そうなことは言えませんが、社会に出てからはコミュ力や問題解決力など、更に多くの能力が求められます(と思います)。 机上の勉強だけしておけば完璧ということは一切ないので、そこら辺は勘違いの無いようにお願いします。
これを勘違いしている人が、「頭はいいのに使えない人材」とか、「高学歴だけど出世できない」という問題を生んでるのでは。


それでは、理想の大学生活を送れるように頑張ってください。

浪人生の勉強スタイル

浪人生活。とてもつらい。
こんな生活を繰り返さないためにも、
・勉強だけに生きる
・以前に失敗していることを認める

ということを忘れずに。

浪人生が生きる意味は?即答です。合格するために生きてます。
「今の娯楽?」「睡眠かな」とか言えるぐらい勉強する生活を送ってください。

勉強するためだけに生かされてる身分。勉強しない時点で人権はありません

とは言え、ただがむしゃらに勉強しまくっても、方法を間違えるとひどい目に会います(俺)
いくつか注意点を書いていきます。


・3~4月は調整期間
浪人生ということは一度は勉強に失敗しているということ。1年間の生活を送る前にしっかりと失敗の原因を探り、これ以上失敗がないようにしましょう。
理想は「3月で勉強法を模索し、プラン作成。4月から勉強開始で、1,2ヶ月で微調整」というところ。
「とりあいず+1年も勉強できるし大丈夫」とか思ってる人は学力が下がって1年終わる。(俺) 悲惨ですね(俺)



・模試で一喜一憂しない(特に春過ぎ)
浪人すると、だいたい5,6月の模試ではいい結果が出ます。偏差値でも自己ベストが出たりします。
ここで、安心しないでください。
「このままなら、今年は受かるじゃん」とか思わないこと。
この時期は、現役生のおかげで偏差値が高く出ます。この時点で危機感を持った彼らは、夏前に部活を引退し、夏で本気を出してきます。怠けてたら余裕で抜かされます。(俺)
ここから先は、しっかり勉強をしていたとしても現状維持か偏差値降下ぐらいの危機感を持ってください。

当然間違いは出てくるので、さっさと復習して次の勉強へ。
あまりいい結果が出なくても、勉強法さえ正しければ結果はついて来るので、気にせずひたすら勉強を進めましょう。もはや、悪い結果に悩む時間がもったいないです。



・予備校はどうすべきか
ぶっちゃけ大差ない。受かる人は行かなくても受かるし、落ちる人は行っても落ちる。「○○大学××人合格!」という決まり文句の裏には、落ちた人たちがその10倍ぐらいいると思ってください。
大事なのは、「正しい方法で十分に勉強する」こと。
これが出来てれば大丈夫。逆に出来れなければ、予備校でも家庭教師でも、いくら金つぎ込んでも受からない。
ただ、生活スタイルに関わります。浪人生は最高に自由。束縛があまりにもなく、自分の意思で生活スタイルを考えないと、「毎日昼に起きて、気づいたら夕方」なんてこともある。(俺)
そこら辺は意思を強く持ちましょう。冒頭でも言った通り、勉強しないと意味ありません。
なので、「予備校=朝起きる理由」 程度の認識をしておいてください。

また、金銭事情も関わる。浪人生は勉強に支障がないよう、あまり気にするべきではない。しかし、現実です。
経験上、周りの浪人生たちは当たり前のように予備校に入り、夏期講習や冬期講習をいくつも取ります。(俺も同じ)
これらにかかる金額は普通に100万円を超えます。
その後大学に入ってアルバイトをすれば、この金額を貯めるのがどれだけ大変かわかります。
(その他にも、身分もクソもない無職に、生活費を払ってるのは誰ですか?)



・勉強以外の生活スタイル
浪人生に限らず、勉強する上で睡眠は大事です。少なくとも6時間は寝ましょう。オススメは0時~6時。
飯はちゃんと食うこと。太るとか気にしてないで勉強しろ。
あと、週1ぐらいでもいいので外に出て軽く運動するといいです。引き篭っていると精神が病みます。

浪人生活は気が病んできたりするので、上のように普通の生活を混ぜることが大事です。



~まとめ~
細かい点はいくつもありますが、要は「勉強だけ」という一年間を目指してください。
何故、ここまで厳しく勉強に重点を置くべきなのか。
全力を尽くさないで第一志望の大学に入れなかった場合、

死ぬほど後悔します

コンプレックスの塊と化します。
わざわざ一年間を費やしたのに、結果があまりついてこなかった時の状況は本当に悲惨です。
大学には入っても、このことが心のどこかに残り続けてしまいます。
大学入学後にやる気がなくなって留年、中退していく人には、このパターンがかなり多いです。

こんな辛さを味わう人をこれ以上増やしたいとは思いません。 
だからこそ、努力すべき時に最大の努力をしてください。


(ちなみに、この記事は全て俺の実体験から書いてますw 本当にクズ浪人生でしたwww)

数学勉強法「書籍の活用」

まず、数学の勉強で使う書籍ですが、教科書をしっかりやりましょう。と言っても、「公式を覚える+付近にある例題が瞬時に解ける」ぐらいまでできれば十分です。章末やコラムまで完璧にする必要はありません。
また、中高生はあまり意識しないかもしれませんが、教科書は両親がお金を出して買ってくれています。「常に感謝しろ」とは言いませんが、無駄にはしないようにしましょう。
(自分も教科書は学校からのプレゼントとか思ってましたが、両親がそれに相当する金を払っています)


次に使うのは参考書ですが、ここで最大の注意があります。
参考書は絶対に簡単なものから初めてください
簡単なものから順にレベルをあげていきましょう。参考書の注意点に関してはこちら
教科書などで公式や定理を覚えて使えるようにしたら、次は「どの場面でどの公式を使うか」という勉強していく必要があります。そのために参考書は使います。

では、次に参考書の使い方を書きます。
仕上げる手順

① 1~2周目:読む
驚いた方もいるかもしれませんが、本当に「読む」だけです。
この段階でしっかり理解できていなくもいいので、読み進めていきましょう。

② 3~5周目:解く
読むことによって、問題へのアプローチや解法がわかった状態で実際に解いていきます。
「計算問題なら、計算して終わり。記述問題なら、実際に手順を記す」など、問題の形態によって解き方も変わると思うので、ある程度の微調整は必要です。

③6~周目:読む(確認程度)
問題が解ける状態から更に書きまくっても時間がもったいないので、読んで確認します。
ほぼ定着している状態なので、軽く見れば十分です。


こんな感じで参考書を仕上げていきます。
①によって初期に考える時間を省きます。この段階から考えるのは時間がかかりすぎるためです。
②で記述の手順などを把握します。実際に解き、書いていくことで定着を図ります。
③で完全に吸収していきます。ここでは問題が解ける段階なので、スラスラと読んで確認していきましょう。100~200ページぐらいの参考書なら、1時間で1周するぐらいの速度です。①と②を終えていれば十分可能です。

周回数などについては、自分である程度調節してください。記述を重視する度合いや問題集、参考書の難易度によって数字はいろいろ変化すると思います。
基本的に、自分は上の方に記した回数で参考書を仕上げていきました。




何度も反復してマスターしていけば、力は確実に付きます。参考書のレベルを上げていくことも必要ですが、その場合は現状のものが本当に定着してからにしましょう。(ころころ変えると管理人みたいに失敗します

英語勉強法(長文)

前回は英語の初歩となる単語と文法について述べました。
この2項目の勉強が進んでくると、ある程度英語がどういうものかわかってきます。
ではここで、英語の勉強をする目的を考えましょう。
英語そのものを習得する、資格試験に必要、受験で必要など、様々だと思います。
その中で確実に必要になる能力が文章を読むという力。

というわけで今回は、長文を読むことに焦点をあてます。


まず、初歩編でやることがしっかり出来ていると、ゆっくりであれば1つの文が読めるはずです。
長文は、この1つ1つの短い文の集合でしかありません。文が1つ読めるなら、10個の文でも100個の文でも読めます。
最初はゆっくりでいいので、短文だけでなくストーリーのある文を読むようにしていきましょう。
読んでいくと、必ず詰まるはずです。そこ原因を考えましょう。主に、
①単語がわからない
②文構造がわからない

のどちらかだと思います。それぞれの解決策を考えましょう。

①の場合、その単語を調べましょう。そして、メモしておいてください(わからなかった単語を書き込むノートを作るといいです)。この作業を繰り返して、自分だけのオリジナルの単語帳を作り、それを暗記して語彙力を上げていきましょう。
文章の中で使い方を確認しているので、普通の単語帳の暗記よりも楽に覚えられるはずです。

②の場合は、文法力が不足しています。短い例文では理解出来ていても、長い文章の一部となるとわからなくなることはよくあることなので、教科書や前回紹介したような文法書を使って解決しましょう。
このとき、納得するまで掘り下げるということが、今後の読解力につながっていきます。


そして、英語の文章を読むにあたって最も重要なことは
 慣れ
です。なので、1日10分でもいいので、とにかく英語を読む癖をつけてほしいと思います。
読むことに関する能力の向上は全て、慣れ次第であると言っても過言ではないです。


では、自分がやっている長文を利用した勉強法を紹介しておきます。参考にしてください。

まずは辞書を使わず自力で文章(300~500語ぐらい推奨)を読み、できるだけ内容を把握する。
(この時点で意味がほぼわからない場合はレベルがあっていないので注意)
             ↓
わからなかった単語を調べて、更に内容の理解を深める。 解説などがついている場合は文構造なども確認。
(知らなかった単語、熟語、表現などをノートにメモ)
             ↓
読みまくる(数日に渡ってもOK)。訳し方や単語等は1つ前の作業で確認しているので、ほとんど理解できるはず。

この方法で単語、文法が反射的に出てくるレベルまで身に付き、何よりも英語に飛躍的に慣れることができます。


俺は高校受験~大学受験まで3年半ぐらいの間、英語に関してはほぼこれしかやってないです。
それでも模試でも入試でも全く心配ないレベルまで来れたので、そこそこの方法だと思ってます。

あとは、自分の求める英語の用途に応じて調製したり、別の方法と組み合わせたりして工夫してみてください。
プロフィール

KOUALS

Author:KOUALS
職業:私大大学生(今)
      ↓
    国立大大学院生(来年~)


受験を盛大に失敗。その経験から「正しい方法で十分な努力」を軸として打ち立て、日々尽力中。 



記事一覧

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
お知らせ
ブログランキングに参加中
にほんブログ村                       勉強の記録               スタプラ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: