高校生の勉強スタイル

ここでは、自分が思った、「高校生はこのように勉強すべき」というものを書いていきます。
俺は、高校生活はもう3年以上前に終えましたが、今思うと「こうすべきだった」みたいなものが数多く見えています。


ではいきましょう。
勉強スタイルの中心は
どんどん先取りをして勉強しまくる
というものです。

通常、学校のカリキュラムではかなり遅い部類だと思います。なので、自分でどんどん進めて勉強していきましょう。
理想としては、高2の夏ぐらいで3年分終えてしまうことを目指しましょう。
そうすることで、残りの期間は受験を意識できるようにします。
勉強時間としては、学校の勉強以外で1日に2~3時間を確保できれば十分すぎるぐらいです。

最初の定期試験までに生活スタイルを掴んでください。あとは、夏明けぐらいに文系か理系かが決まるといいでしょう。受験に必要な科目が把握できているとなおいいです。

特に重視するのは、英語と数学ですね。
この2科目については、早くから力を入れて勉強しておくことを強く勧めます。

では詳細に書いていきます。

英語
高1のときは、単語・文法をしっかりやりましょう。
単語は1年間でセンターレベル~受験レベル、文法も全範囲終わらせてしまいましょう。中学での勉強進度にも依りますが、高校で新出する文法事項は少ないので、案外いけると思います。進んできたら、長文を読む癖も付けていくとなおいいです。週1ぐらいの頻度からでもいいので取り入れていきましょう。
こんな感じで基礎が早く固まれば、残りの1年半~2年間で十分に英語を強化することができます。
詳細に知りたい場合は、カテゴリの「英語勉強法」を参照してください。

数学
文系か理系かにも寄りますが、受験で使う場合は是非参考にしてください。
できるだけ早く、使う範囲を決めましょう。(Ⅱ・Bまででいいのか、Ⅲまでいるのか?など)
2年の夏前ぐらいを目標に、全範囲終わらせましょう。教科書を先取りしていけば、独学でも結構対応できます。どうしても理解できない場合は、質問したり、ネットでうまく解説しているのを見つけるなど、工夫するのがいいです。(ちなみに、このようにして自分で調べて独学で対応していく能力を高めておくと、大学に入ってからめっちゃ役立ちます。)
例題などを駆使して公式を覚え、使い方もわかるようにしておきましょう。
そうしたら、参考書に手を出していきましょう。詳しくは、カテゴリの「数学勉強法」からどうぞ!

理科系、社会系
受験で使うことがわかっていれば先取りして進めて欲しいと思います。
基本は、定期試験の勉強を完璧に行いましょう。「満点で当たり前」というぐらいやりましょう。
理社については、定期試験で使うような知識が、そのまま受験でも使えたりするケースが多いです。
また、力を入れ始めるのは2年生ぐらいからでも大丈夫です。

国語
(俺は超苦手だったのであまり言及できませんが)暗記系には早めに手を付けておくのがいいと思います。古文単語、漢文の定型文、漢字など、覚えて点になる部分は受験勉強が本格化する前に仕上げておくのがベストです。

ここに書いたのはあくまでも理想なので、既に高2、高3の方でも、焦らずに勉強を進めていってください。



・模試について
基本的には、高1から校外の模試を受けましょう。駿台、河合の記述模試がおすすめです。校内で受ける模試は、無駄に高偏差値が出ることがあります。(ベ○ッセの進○模試とか) 偏差値70とか80とかポンポン出ます。そこで実力があるとか勘違いしないように。(俺)

「偏差値が出ねぇ・・・」という時
それなりの模試を受ければ、定期試験とは比べ物にならない難易度なので全然偏差値が出ないこともあります。そういう時は「俺は先取りして勉強しているのにまだまだだ。もっとやろう。」という感じで、モチベ上げるのに使ってください。(偏差値に関わらず、模試の復習はしっかりやりましょう。)

「偏差値高ぇ・・・w」という時
しっかり偏差値が取れた場合は勉強法がうまくいっているので、誇っていいと思います。ただ、余裕が出てきて勉強時間を減らすことがないように。そのペースで勉強を続けてください。
更にレベルの高い模試を受けるか、飛び級して模試を受けるのもいいでしょう。(多分、受けれたはず)


・授業中
しっかりと先取りして勉強できていれば、学校の授業が暇になります。もはや、時間の無駄に思えてきます。
復習や確認の意味で気軽に受けてください。
「俺の勉強は帰宅してからが本番だから、授業はゆったりと受けよう」というスタイルもいいかも笑
内職については、本当に可能ならやってください。あんまり師弟関係を悪くするのは避ける方がいいかと。
あとは、「参考書を持ち込むなら、授業と同じ科目の同じ単元にする」など、いろいろ工夫してください。



・勉強以外でのこと
部活、バイトなど、時間を取られることについては、「自由にしてください」。
ただし、それを言い訳にして勉強しなくなるぐらいならやめた方がいいと思います。

勉強にもけっこう忍耐力や体力が必要なので、体育の授業でしっかり体を動かしたり、3日に一度くらいはランニングをしたりなどしてみてください。
あと、飯はしっかり食って、12時には寝ることをオススメします。


「一番重要な3年生について書けよ!」って話ですが、ここに書かれたように早いうちから勉強しておけばその延長として勉強をすすめるだけで十分です。3年になってから勉強法の軌道修正をするのは結構きついので、1~2年の内に慣れておくのが大事です。あとは、参考書に過去問が足されるという感じです。志望校の問題は、3年になった時点、遅くとも夏前までには一度解いておいて、自分がどれぐらい学力を上げる必要があるか把握しておきましょう。


~まとめ~
最初にも書いた通り、「3年間しっかり勉強しましょう」という内容なので、いろいろ意見があると思います。
一度しかない高校生活だから自由にしたいというなら、それはそれで構わないと思います。
ただ、数年経ってからその期間を言い訳にしないように。(俺)

しっかり計画を立てて勉強しておけば、「休日に友だちと遊ぶ」、「長期休暇は旅行に行く」、「勉強が済んだら夜はゲームしたり、アニメを見たりする時間を取る」なんてことは全然可能です。
しょっちゅう聞く言葉ですが、「学生の本分は勉強」ってのがあります。なので、しっかり勉強して勉学面に余裕を持てれば、いろんなことに余裕が持てます。俺は、そっちのが充実した時間だと思います。それに、将来性も広がりますしね。

なんにしても、人生の選択は自由なので、別に強制するようなことをこの記事で言うつもりはありません。
勉強を頑張りたいという人は、是非参考にしてみてください。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KOUALS

Author:KOUALS
職業:大学生(1浪)

受験を盛大に失敗。その経験から「正しい方法で十分な努力」を軸として打ち立て、日々尽力中。 


大学入学までの経緯
記事一覧

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
お知らせ
参考書類は↓↓↓で買ってます。                 ブログランキングに参加中
にほんブログ村                       スタプラ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: